26億4000万円のシステムトレード「225長者」


26億4000万円のシステムトレード「225長者」
テクニカル分析か?ファンダメンタル分析か?それとも 
システムトレードか?

もし今あなたがトレードに取り組んでいるのであれば、以下の質問を自問自答してみてください。
「あなたは今、トレードで儲かっていますか?」
「何かしら明確に定義されたトレードルールを持っていますか?」
「あなたの手法は、長期的に有効性を証明することは可能ですか?」
この3つの質問に、「Yes」と答えられないのであれば、今すぐにトレードをやめることをおススメし ます。

ただ、運や感覚に頼って、その場その場でトレードして、長期的に儲け続けるのは不可能です。 もしあなたが長期間にわたって、トレードで儲けていきたいのであれば、有効に機能し続けるトレ ード法が絶対に必要です。つまり、裁量トレードではなく、売買ルールに従ったシステムトレードこそが、長期的に利益をあげ ていくにあたって採用すべき投資法なのです。

運や感覚に頼って、その場その場の判断でトレードを行っている 裁量トレードで勝つのが難しいことは自明の理です。ましてや、日経225先物というのは ゼロサムゲームの世界ですから、なおさらそういえます。

しかし多くの市場参加者が、「オレにはトレードの才能がある。」という幻想を持ち続け、負ける可 能性の方が圧倒的に高い“裁量トレード”を実践しているのが現実です。 その結果、案の定やられます。

巷で言われているテクニカル指標を、大して検証もせずに利用している 人が大半です。労せず利益を出すことが出来ればよいと考え、最も重要な過去データの検証とい う面倒な作業を行っていません。

オススメASP→電子書籍オンラインショップのインフォタイプ

"26億4000万円のシステムトレード「225長者」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント